NPO法人ヒューマンサポート・チューブ

LINEで送る

寝転(ねこ)体操で肩こり背中のはり腰痛を解消

私の考案した、寝転(ねこ)体操で肩こり背中のはりを解消。
朝、起きてすぐ布団の中で出来る簡単な体操です。
毎日5分でスッキリしましょう。

基本スタイル

img
1:
朝、起きてすぐ布団の中で出来る簡単な体操です。
毎日5分でスッキリしましょう。
目が覚めたら、ゆっくり始めましょう。
img
2:
腕を胸の前に抱え込み、肩から肘、背中から肩へ引っ張るように伸ばす。
伸びていることを意識しながら、腕の位置や体重の掛け方で調整する。
img
3:
左右、同じように10~30秒程度伸ばす。
img
4:
腕を伸ばし、背中が反ることを意識しながら10~30秒程度伸ばす。
img
5:
背中を丸め、背中が丸くなっていることを意識しながら10~30秒程度伸ばす。
img
6:
首を右に曲げ、脇から脇腹が伸びていることを意識しながら10~30秒程度伸ばす。
img
7:
左右、同じように10~30秒程度伸ばす。
img
8:
手首を反対に向け、手首から肘までが伸びていることを意識しながら10~30秒程度伸ばす。
img
9:
膝下から足首までをお腹の下に抱え込み、腿から坐骨までが伸びていることを意識しながら10~30秒程度伸ばす。
足の位置や体重の掛け方で調整する。
img
10:
左右、同じように10~30秒程度伸ばす。
img
11:
横を向き、上側の膝をまげ腰から背中、腰から坐骨までが伸びていることを意識しながら10~30秒程度伸ばす。
img
12:
左右、同じように10~30秒程度伸ばす。
img
13:
これで終了です。
さわやかに目覚めましょう。
寝る前でも効果的です。

オプション  骨盤矯正

img
1:
背中を床につけ膝から腰を曲げ、骨盤がゆるむことを意識しながら10~30秒程度伸ばす。
img
2:
左右、同じように10~30秒程度伸ばす。
img
3:
両足を腰の位置まで曲げ、右足を内側に倒し股間から太腿が伸びることを意識しながら10~30秒程度伸ばす。
img
4:
左右、同じように10~30秒程度伸ばす。
以上で終了です。
お疲れ様でした。