NPO法人ヒューマンサポート・チューブ

LINEで送る

ストーカーにおける被害と対策を考えてみましょう。

image
ストーカー規制法では、ストーカーの被害をどのように定義づけているのでしょうか。 「この法律において「つきまとい等」とは、特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者に対し、次の各号のいずれかに掲げる行為をすることをいう。」といっています。
  • ① つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、又は住居等に押し掛けること。
  • ② その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
  • ③ 面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求すること。
  • ④ 著しく粗野又は乱暴な言動をすること。
  • ⑤ 電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ、ファクシミリ装置を用いて送信し、若しくは電子メールを送信すること。
  • ⑥ 汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。
  • ⑦ その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
  • ⑧ その性的羞恥心を害する事項を告げ若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的羞恥心を害する文書、図画その他の物を送付し若しくはその知り得る状態に置くこと。
以上のような行動を示しています。

では、もう少し具体的に考えてみましょう。

自分がストーカーの被害にあっているか、このチェックリストを使って診断してみてください。
  • ・ 「交際をやめたい」と言っても、怒ったり泣いたりされて話にならない。
  • ・ 交際を申し込まれ「付き合いたくない」と言っても、何度も食い下がられる。
  • ・ 別れたのに毎日、数通以上のメールが来る。
  • ・ 自宅に押し掛けたり、侵入される。
  • ・ 自宅前や職場、学校などへの経路にて待ち伏せされる。
  • ・ 押し掛けられ、乱暴な言葉や態度をとられる。
  • ・ 監視していることをほのめかすようなメールや電話、郵便物が届く。
  • ・ チラシを配られたり、ネット上で名誉を傷つけるようなことを書かれる。
  • ・ 自宅、職場などに迷惑なものや汚いものを送りつけられる。
  • ・ 無言電話が毎日のようにかかってくる。
一つでもあれば、早速対策を考えなければならないでしょう。

ストーカー予備軍やデートDVと思われる行為に次のようなものがあります。

  • image
  • ・ デートをしているとき、殴られたりけられたりする。
  • ・ 性的な行為を強要される。
  • ・ 怒鳴ったり、ドアの開け閉めなど大きな音を立てたり、物にあたったり、乱暴な振る舞いをされる。
  • ・ 馬鹿、愚図、デブ、はげなど傷つく呼び方をされる。
  • ・ 携帯電話の通信履歴をチェックされる。
  • ・ 過去の事実について、あれこれ詮索されたり、責められたりする。
  • ・ 送られたメールにすぐ返信しないと責められる。
  • ・ 都合の悪いことが起きた時は、すぐに自分のせいにされる。
  • ・ 親族、友人、上司、先輩などとの交際関係について干渉されたり悪口を言われる。
  • ・ 就職、進学など進路について、あれこれ注文を言われる。
このような行為があると、ストーカーになる可能性は十分にあると思われます。

それでは、自分が、相手が、交際相手と別れた時にストーカーになる危険度チェックを してみましょう。

4項目以上あれば十分にストーカーの要素を持っています。
  • ・ 筆まめで、付き合っている相手に用事もないのに一日5通以上のメールを出してしまう。
  • ・ 相手からすぐに返信がないと、あるいは同量のメールが来ないと機嫌が悪くなる。
  • ・ 気分が変わりやすい、髪型なども頻繁に変える。
  • ・ 会うと自分のことを語ってばかりいて、話す内容に自慢話と同情を引く話が多く、その話に共感しないと機嫌が悪くなる。
  • ・ テレビをみていたり、人の話が出た時など、すぐにその人の評価をはじめる。
  • ・ 都合の悪いことが起きた時は、必ず相手のせいにしょうとする。
  • ・ 自分が悪いと言い逃れできないときは、そうせざるを得なかった理由を雄弁にかたり、時には嘘もつく。
  • ・ 相手の日常行動を把握するために、メールを読もうとしたり、激しく干渉する。
  • ・ 見捨てられる恐怖が強く、別離することを想像するだけでパニックに陥る。
  • ・ 泣いたり、ぐずったり、時には暴力を振るい、自分の要求を通そうとする。

相手がストーカーになってしまったときに、あなたに対してどのような要求をするか。

交際を断られ、会って話すことやメールや電話での交信も遮断されてしまうと、急激に孤独となり、交際中の出来事についてあれこれ言うようになります。
  • ・ 責任をとれ
  • ・ 約束を守れ
  • ・ 誠意をみせろ
  • ・ 向き合え
  • ・ 心のケアをしろ
などと要求してきます。

いくら要求しても、その要求が思うようにならないと、今度は脅しともとれるようなことを言うようになってきます。

  • ・ 手首を切ってやる
  • ・ 飛び降りてやる
  • ・ 死ぬ、死にたい、死んでやる
などと向き合ってもらえるようなことを言います。この様な状態が続くと最も危険になります。自暴自棄となり、逗子や三鷹のストーカー事件のようなことが起きる危険性が増してきます。

先ずは、「あなたがどうしたいか」考えましょう。

  • ① 加害者と離れたい、別れたい ・ 友人、親族、カウンセラーなど第三者に介入してもらい、やめてほしいという意思を相手に明確に伝え、以後の連絡の窓口になってもらう。
  • ② 加害者に加害行為をやめさせたい ・ ハラスメントが止まらない場合は、会社や学校の相談窓口にカウンセラーや弁護士、警察に相談することを伝え、対処してもらう。
  • ③ 加害者を処罰してほしい ・ 相手が刑事事件(暴行、傷害、住居侵入、脅迫、恐喝、名誉毀損、強姦、ストーカー)に相当するハラスメントをやめない場合は、民事訴訟と合わせて警察に被害届を出す。
  • ④ 使用者の責任を取らせたい ・ 職場や学校内のハラスメントの場合、組織内の発生要因があることを放置した責任から弁護士に依頼し損害賠償を求める。

ストーカー問題は、早い段階での対処が必要です。

image
ストーカー被害者の中には、身近な人(両親、兄弟、会社、学校、近所)にストーカーの被害にあっていることを知られたくないため、早い段階の解決に移れない人がいますが段々解決が難しくなってしまいます。 確かに、ことが大げさになってしまうと被害者も加害者もその職場に居辛くなる心配も予想されます。被害者にとって、その被害を受けないようになることが最優先です。 当団体は、あなたの意向を十分に尊重し、直ちに穏便に解決することができるよう活動を始めます。あなたが第三者に知られないように解決を望むなら、家族、ご近所、職場の人たちに気付かれないよう最大の配慮で臨みます。