NPO法人ヒューマンサポート・チューブ

LINEで送る

親子、夫婦のトラブルを考えてみると、

image
こどもが大人になってそれぞれの生活を営み個人としての人格が尊重されると、親子問トラブルは余り起こることはありません。また、別居することにより意見の相違などのトラブル回避ができることから減少傾向にあります。 ひとつ屋根の下で、大人の親子が同居することは、人格の尊重がないとお互いの悪いところばかり気になってトラブルが発生します。勿論、働かない、浪費癖がある、嘘をつく、過保護、暴れる、暴力を振るう等など原因が伴えば、毎日の生活は大変でしょう。 この状態が長く続くと、親子でも恐ろしいことになります。その先にあるものは、「恨み・怨み・憎しみ・嫉み・妬み」と「心配・恐怖・不安」が発生し、最近マスコミ報道にもある最悪な事態を招くこととなります。 また、高齢夫婦の間で、妄想性障害による夫婦喧嘩が起こることがあります。夫や妻が急に怒りやすくなったり、暴力を振るうようになった。夫や妻がありもしないことをさも本当のように口走るようになった。このような症状が出てきたら要注意です。思わぬ二次被害が発生することもあります。 そうならないためには、「逆恨みされない解決がベスト」です。 NPO法人 ヒューマンサポート・チューブでは、その「特殊な思い」の解決を目指すお手伝いをいたします。