NPO法人ヒューマンサポート・チューブ

LINEで送る

誰でも失敗します、失敗しない人などありません。

image
生まれてすぐから人は、それぞれ意思を持っています。赤ちゃんが、「おぎゃー」と泣くのは、お腹がすいて、お乳が飲みたい、または欲求があるから鳴き声で訴えます。
子どもから大人になるまでに、学校へ行き、就職して、結婚して、子どもが生まれて、爺さん婆さんになって、必死で生きてきて、やっと爺さん婆さんになって人生を振り返ることができます。
その間、まあ、頑張ってやれたと思いつつも、ここまでやれたのは周りの人たちから、「優しさと、励ましと、助けと、思いやり」、そして一番大事な「許してもらうこと」をもらったからだと思います。
人は、意思を持っている以上、必ずどこかで相手に、「いやな思いや、我慢、遠慮」を強いています。強いていることすら感じないことがあります。
失敗は、大きなものからちょっとしたものまで、多種多様です。「多くの許してくれた人に感謝」して、「許せる人になりたい」ものです。